ショッピングローンは生活保護でも組めるのか?

ショッピングローンは生活保護者は利用できない理由

買い物を利用する方法の1つにショッピングローンがあり、カードを持っていない人でも利用できるので便利ですが、生活保護の受給者はローンの審査で落ちてしまいます。もちろん消費者金融のプロミス 審査でも落ちます。生活保護を受給する際の条件の1つに借金をしていないことがあります。借金をしていると保護費の中から返済することになります。これによって国が借金の肩代わりをすることにならないようにするためです。同じ理由から保護費の受給中に借金することも禁じられています。ショッピングローンの申し込みを行うと審査がありますが、これも借金になるため生活保護の受給中であることが分かれば審査に落とされます。ただし、ショッピングローンを利用せずに支払う場合は借金にはならないため、特に制限を受けることはありません。そのため、一括払いで支払えるものであればショッピングローンを使わずに購入すれば問題ありません。どうしても生活必需品を一括払いで購入するのが難しい場合はケースワーカーに相談して対策を考えるようにします。

ショッピングローンを組めない理由にある利用実績と残高

ショッピングローンとカードローンは同じ分割・リボ払いが基本ですが、適用される法律が異なります。ショッピングローンは割賦販売法で、カードローンの貸金業法に基づく金銭消費貸借契約とは違ってきます。しかし、共通するのは信用情報機関です。ショッピングローンを組む際も、他社の利用分が調査されます。もし、延滞や債務整理の履歴があると、審査落ちとなり、組めないケースがあります。ショッピングローンはカードローンのリボ払いのように少額の返済で済むことがあります。少額ゆえに延滞や遅延を繰り返していると、審査は厳しくなります。また、リボ払いとなると利用残高がある訳で、基準よりも金額が多いと組めないことになります。ローンを組むならば、現在の利用分・残高を見直してみることです。もし、残高の状況で完済できるようであれば減らすことです。契約の中身は違うものの消費者信用の中では同じものです。ショッピングローンもカードローンと同じように債務に対する審査があり、利用実績と残高によって組めないことがあるのです。

ショッピングローンにも遅延損害金は発生する?

ショッピングローンを組んで、期日までにお金が返済できなかった場合は、「遅延損害金」という延滞料金が発生します。簡単に言ってしまえば、「レンタルビデオ店でDVDを借りて返済日までに返せなかった時に発生する延滞金」のようなものです。計算式は、「借りたお金×遅延損害金÷365日×遅延日数」で計算することができます。多くの場合、遅延損害金は、年率で算出されているため、365日で割ってあげることで1日あたりの金額を算出できます。それに、遅延した日数をかけてあげることで、正確な損害金を算出することが可能です。ショッピングローンを組んでも、返済に無理がある場合は自己返済能力に見合う分だけショッピングローンを組まないと、後々支払う延滞金のほうが高くついてしまう恐れがあります。多くの会社は、利息制限法ギリギリの20%を延滞金利として設定しています。そのため、延滞すればするほど、延滞金が積み重なっていくので注意が必要です。

ショッピングローンを滞納するリスクについて

借金というとこわいと感じる人は少なくありませんが、分割払いなどのショッピングローンにはあまり抵抗がない人もいます。 身近なものの中では、携帯電話やスマートホンの分割払い契約もショッピングローンです。 携帯電話や電化製品のように、一度で消費してしまうものではなく、長期間にわたって使える商品は、ショッピングローンを利用することで、レンタル料や利用料の感覚で分割払いができて便利です。 ところで、ショッピングローンの滞納は、借金の滞納と同様に、自分の信用に傷を付けることになってしまいます。 将来、マイホームのために住宅ローンを組んだり、マイカーローンを利用するときや、クレジットカードを作りたいときにも、ショッピングローンの滞納情報が障害になってしまいます。 支払いを延滞さえしなければ、お金を貯める前に商品やサービスを利用できて便利ですが、完済までの間延滞をせずに支払いきれるか、十分に検討してから決めましょう。